連載 わんにゃんHAGIコラム 第8回

この春以降、繁殖期と言う事もあり、野良猫が子猫を生んで困っていると言うご相談や、保健所にも次から次へと持ち込まれる子達、里親や預かり先が見つかっても、本当にきりがなく、無力感を感じています。
活動当初は、ただ目の前にある命を救う事だけで精一杯でしたが、それだけではダメなんだと感じる今日この頃。
飼い主さん自身の意識が変わり、野良に対しても、ただ餌を与えるだけでなく、避妊去勢してこれ以上増えない様にしないと、不幸な子は減りません。
私が子供の頃に比べたら、野良犬は圧倒的に減りましたが、それでもまだゼロではありませんし、猫に関しては全然…
何年かかるか分かりませんし、私が生きている間に実現するかも分かりませんが、いつの日か、不幸な野良犬、野良猫がいなくなる世の中!
それが私の夢です。
その為に今自分が出来る事、改めて考えてみたいと思います。

LINEで送る