連載 コラム『むつみ豚と雨女』 第3回

『むつみ豚と雨女3』
今年に入ってまともな休みが何日あっただろうか。
10日もないのは確かだな(スタッフはちゃんと休んでます)
そのうち5日はヤフオクドームに野球観戦。
11月14日、貴重な午後休。
この日を12年待った『宇多田ヒカルライブツアー2018』
厳しい顔認証によるチケット争奪戦を勝ち抜き、この日を生きがいにすること4ヶ月。
ファン歴20年。彼女のデビュー時、日本にこんな子がいたのかと衝撃を受けた。
彼女もワタクシもこの20年、いろいろあった。いいじゃないか結婚したって離婚したってまた結婚したって。
どうしても同行したいと言う弊社社長。そんなにワタクシが心配なのか⁉︎
ライブ後半、とめどなく溢れ出る涙を拭う事もせず熱唱する中年女。これが20代30代の頃のワタクシなら羞恥心からできなかったかもしれない。しかし、時は流れいつの間にやら41歳。恥も外聞もなく弾けられる。アラフォー万歳!
ライブ終了後、魂が抜けたように足腰立たないワタクシを社長が引きずるように連れて帰ってくれた事に感謝しよう。
ちなみに社長は往路でカーナビがあるにもかかわらず高速道路の分岐を間違え、復路においては古賀SAで買ったお土産を食事した席に置き忘れるという失態。いつもなら嫌味の一つも言うところだが、この日はヒカルちゃんに免じて許すこととする。
ライブの興奮冷めやらぬ翌日、行きつけの美容院のイケメン店長に
『店長、ヒカルちゃんと同じ2ブロックの髪型にしたいんだがどう思う?』
『2ブロックはかなり個性的ですが貴女なら似合うと思う。ただ伸ばしたい時に大変ですぜ。』
『零細企業とはいえ、一応、専務の職に預かる身。スーツで会議や講習会に行く事もあるしな』
『悩みどころですな。その気になれば僕はいつでもGOです』
ワタクシの髪型が宇多田ヒカルと同じ2ブロックなるかどうかご期待ください!

LINEで送る