はぎ地域資産株式会社 代表取締役 新井達夫氏インタビュー

神奈川県鎌倉市でレストラン、ウェディング事業など展開する(株)b.note と萩市内の個人協力者が出資し、2018 年 7 月に発足したはぎ地域資産株式会社。萩市の有形、無形および人的資産にあらためて光をあてることで、まちに新たな経済を起こし、その魅力を関東圏および海外に発信することで、それらの地域と直接的に経済活動を行う仕組みを作ることを目的されています。その代表取締役である新井達夫さんにお話を聞いてきました。

■先ずは、新井さんが萩に会社を構えるきっかけをお教えいただきたいです。
-㈱b.noteはウェディング施設、ホテル、飲食店の企画・開発・運営などを手掛けている会社で、私自身古い建物が好きということもあり、古民家や空き屋をリノベーションし事業を展開しています。5年ほど前、知人から「山口県萩市には伝統的建造物がいっぱいある。」と聞き、萩市に関心を抱きました。後から知ったのですが、私が起業する前に勤めていた藤田観光株式会社の創設者・藤田傳三郎翁も萩市出身ということを聞き、勝手ながら縁のようなものを感じました。
萩に訪れ、先ず驚いたのがコンビニの接客レベルが高いことでした。萩の人は「この町はダメだ。」と口にしますが、人のレベルが高く、言われるほど悪くないと思いましたし、まちの歴史もそうですが今住む人たちを含め、やる気をもらえる町だなと感じました。また魅力的な若者もおり、関東で稼いだお金を萩に投資し、ダイレクトな経済流通をこの地にもってきたとしたら、若い子のエネルギーと合わさりどうなるのかなと期待が膨らみました。

■はぎ地域資産株式会社を昨年7月に設立し、9月に萩市新川にしゃぶしゃぶ店「いり吉」をオープンされました。飲食店の展開が主になるのでしょうか?
-決してそんなことはないです。「萩でやりましょう。」と萩で出会いお世話になった方に言っていたのにも関わらず、初めて萩に訪れてから5年が経ってしまい、流石にそろそろやらないとなと考えていたとき、現在いり吉が入ってる物件が空いていることを知りました。いり吉出店の一番の目的は人材の確保です。今後、はぎ地域資産株式会社の取り組みの中心となるスタッフの雇用の場として、また食を提供する事を通してスタッフ自身が萩の魅力を直接感じてもらいたいという思いがありました。しゃぶしゃぶ料理店にしたのは、地域でとれる食材の良さをシンプルに味わうことができる点もありますが、何より調理人を多く確保しなくても営業できるという点で、フレンチやイタリアンなどより出店しやすいところも考慮してのことでした。

■今後の展開をお教えいただけますか?
-先ず、社内の人材育成です。スタッフは35歳以下の若手を中心に店舗の運営責任を担い、全てのスタッフが36歳になるまでには、自分自身のやりたいことを見つけ、社内、社外を問わず自身で事業を立ち上げることを義務付けています。既に展開しているところで言えば、会社設立と同時期に購入した東浜崎町にある空き屋をリノベーションし、スタートアップ支援のスペースを設けています。このスペースは、この土地の古くからの呼び名である「ukishima」と名付け、事業が軌道に乗るまでの間、本店所在地として事業スペース、郵便ポスト等を無償で貸し出しているものです。また随時イベントを開催することで、新たな取組みを模索する人たちが集まる場所となれればと考えており、先月の20日に事業プラン発表会第1回プレゼンを開催しました。このプレゼンでは発表者以外が審査員となり、審査員以外では事業プラン、テクノロジー、金融の3点で、各専門家がアドバイスするので、発表者は事業面、金融面での具体的なアドバイスの他、事業への賛同者や協力者を見つけれる場となるかと思います。
それと、昨年10月に浜崎の伝統的建造物を購入しました。こちらは大きな物件なので、外観から直し、宿泊設備を備えたレストラン、オーベルジュを2年後くらいにオープンできればなと考えております。

■凄いですね。関東で稼いだお金を萩に投資される。とても有難い話です。地方創生のホワイトナイトに思えてきます。
-「地方創生」や「地域活性」というキーワードに補助金等を使い、カンフル剤的に衰退を食い止めようとする動きが全国各地でありますが、それらにどれほどの持続性があるのか疑問に感じています。衰退するには衰退する理由があり、それに抗うことは意味のないことではないかと考えます。私たちの取組みは、もっと個人レベルでもっと単純なもので、ただ、「小さなまちの中に、やりたいことをやりたいようにやる若者がたくさん増えたら、まちはどんな風に変容していくのだろう」という実験でしかありません。取組みの結果として、将来まちが活性化したと言われたり、シャッター商店街が賑わいを取り戻したとなれば、それは喜ばしいことですが、そのことは目的ではなく、その根源となる”やりたいことをやりぬく力”を覚醒させる事にチャレンジするべきことだと考えます。誰もが持っていながら、多くの人が蓋をして閉じ込めてしまっているこの力を、自由に発揮できる場を作る事で、今の日本に漂う閉塞感もなくなるのではないでしょうか。

■吉田松陰の唱えたグローカリズム、草莽崛起に通じます。お聞きして楽しくなりました。今後、北浦うぇぶでも、はぎ地域資産株式会社の展開に注目していきたいと思います。ありがとうございました。

はぎ地域資産株式会社
山口県萩市東浜崎町 4 番地 6

萩仕立て鍋料理 いり吉
萩市椿東新川南区3039
TEL:0838-21-5210
営業時間 ランチ11:30~15:00/ディナー18:00~22:00
店休日 月曜日、第1.3.5日曜日
WEBサイト https://hagirc.com/

LINEで送る