NEW OPEN シェアキッチン ほしのかけら

萩市田町商店街にあるホテル グラン・ジュテの敷地内に昨年12月オープンされたシェアキッチン「ほしのかけら」は、北浦うぇぶ241号(2017年11月2日号)の特集で紹介させてもらった移動販売「ツグムお台所」の店主でありIターン人・藤林真理絵さんが営むお店です!移住してきて、元々お店を構えたいと考えつつ、萩を、山口を知るため、そして移住してきた自分を知ってもらうために移動販売という形を取りながら、並行して物件探しをする日々を過ごしてからの念願の出店です!
「移動販売は移動販売で、一人一組のお客さまと向かい合い接客できる良さがありました。逆に人と人の繫がりをもっと拡げたいという部分では限界を感じるものでした。具体的には、私とお客さましか繫がれない。お客さま同士が繫がれない。その部分はやっぱ店舗じゃないと厳しいなと、移動販売することで改めてお店を構えたい気持ちが再燃しましたね。」と藤林さん。

シェアキッチンという形態についてお聞きすると「まだキッチンカーで朝ごはんを営業していた頃、当時グラン・ジュテで朝ごはんをやってくれる人を探していたオーナーが声をかけてくださり、色々話しているうちにそこで店舗を持つことを決断しました。そして、私と同じように新しい場所でチャレンジしたい方、お店を持ちたい方の一歩となる場所としても使って欲しい、私自身も愛着のあるキッチンカーでの仕事も続けていきたい、色んな方と時間場所を共有するのがいいのではないかと思い、オーナーにシェアキッチンを提案しました。」と、Iターン人ならではの発想。確かに都市部ではヤドカリ営業が人気店になってたりもしますが、この北浦ではまだまだ未開発なところです。
さて、提供されるメニューの方は、朝ごはんとしてワンコイン500円の定食を、お昼ごはんに、700円の気まぐれ定食、600円の焼き魚定食、気まぐれ丼、ハヤシライスとなっており、藤林さんの温かさが篭った家庭料理となっています。

「ホテル宿泊の方の朝ごはんにと思っていましたが、始めてみると地元の方の方が多くご来店されます。宿泊される方のほとんどは出張など仕事で来られてる方ばかりで、朝はギリギリまで寝て朝食はコンビニって方ばかりなんです。また、お昼は、地元の方はもちろんですが、インスタやフェイスブックをご覧になられて来られたというお客様が多く、今までに無い繫がりが増えました。やってみると想定と違ったことも多く、とても楽しいです。」と、バイタリティ溢れる藤林さんらしいコメント。お店で営業しつつも、イベントなどでは「ツムグお台所」を出動されるのもエネルギッシュです!

現在、春から夜入ってくださる方は決まったそうですが、朝ごはんお昼ご飯もやりたい人も募集はしていますので、長期的に利用したいと考えているシェフの方を随時募集されています。ご関心のある方は藤林さんまで!

ほしのかけら
萩市大字東田町字東田町 28番2
朝ごはん7:00〜10:00(L.O.9:30)
お昼ごはん11:00〜14:00(L.O.13:30)
シャアキッチンのお問合せ 070-7567-2693

LINEで送る