連載 OPあつしの徒然コラム 第42回

こんにちは。爽やかな6月の風が…、いやいや、灼熱ですね。5月にはもう気温が30℃を超えちゃいました。このままじゃこの夏は50℃超えちゃうんじゃないかと感じているアツシです。
さて、先日、妹夫婦に第2子が誕生しまして、出産祝い片手に会いに行きました。令和元年改元ほやほやの誕生です。手も足も小さく、首も座っていないんですが、大きな生命力を感じましたね。元気な男の子に成長してくれることを祈るばかりです。

で、この子たちが社会人として活躍するであろう、令和25年頃をチョット、オーバーに考えてみました。スポーツの世界、特にパラスポーツの世界では義足、義手は脳から直接電気を感知して自由に動かすことが出来たりと技術的にもの凄い進歩が進むんじゃないかと。そうなると、健常者よりも機能的に優れたアスリートが誕生するかもしれません。そうした時に障害者スポーツという考えが無くなっているかもしれませんね。また、経済や仕事の分野では生産自体をAIが担い、仕事という考え方自体が大きく変化しているように想像します。ペンキ屋さんもひょっとして…。信じるか信じないかはあなた次第です!
まぁ、ずいぶん先の未来で具体的にわからないのですが、世の中は少しづつ確実に変化していますね。そうした変化に我々大人が敏感に感知していかないと昔の常識が非常識のこの時代にたくましく生きていくための能力を子供達に与えられないように思う次第であります。
何はともあれ、とりあえず、甥坊主の1歳の誕生日にメッセージ性の強いプレゼントを考えるアツシでした。そんじゃ、今日も一日、ご安全に!!

LINEで送る