日立鉱山を創業した炭鉱王 久原房之助生誕150年記念講演会

7月12日(金)、萩市松陰神社立志殿にて(一社)萩市観光協会主催、萩市共催で久原房之助生誕150年記念講演が開催されます。
久原房之助は関西財界のリーダー藤田傳三郎の兄、久原庄三郎の四男として萩に生まれ、慶應義塾卒業後、藤田組に入社。小坂鉱山に赴任してからは、小坂銅山を日本三大銅山として再生し、藤田組から独立。日立銅山を創業し日本屈指の銅山に発展させました。その後、衆議院議員に当選し、田中義一内閣の通信大臣に就任。戦後は日中・日露国交回復に貢献するなど、近代日本の礎をつくった萩出身の偉人の一人です。
久原房之助生誕150年記念講演は、第1部の講演3本と第2部のシンポジウムで構成されおり、第1部の講演は法政大学名誉教授であり経済学博士の宇田川勝氏による「久原翁と日立鉱山・日産コンツェルン」、松陰神社宝物殿至誠館館長の樋口尚樹氏による「久原翁の萩・山口県への教育・経済の貢献」、甲南大学経済学部経営学科教授の廣山謙介氏による「甲南学園創設者平生釟三郎と甲南学園恩人久原翁の関係」となっています。またシンポジウムでは、その三方に加え、映画「ある町の高い煙突」の監督・松村克弥氏が司会を担い「久原房之助の生涯、産業的功績、萩市・山口県への貢献など」をテーマとして開催されます。
参加費は無料ですので、お気軽にご参加ください。

日立鉱山を創業した炭鉱王 久原房之助生誕150年記念講演
開催日 7月12日(金)
時間 14時~17時
場所 松陰神社 立志殿(萩市椿東1537番地)
参加料 無料
申込方法 参加される方の氏名、住所、連絡先を萩観光協会までご連絡ください。
申込期限 7月5日(金)
問・申込 (一社)萩市観光協会
☎0838・25・1750
FAX 0838・25・2073

 

LINEで送る