連載 OPあつしの徒然コラム 第46回

こんにちは。冒頭の記事はどうしても天気のネタになりがちのアツシです。はよー梅雨開けてくれ。パリッと晴れてくれ〜。
さて、揺れていますね。吉本興業。所属タレントの反社会勢力のパーティーでの闇営業問題。所属タレントの契約解除をもって当該タレントが自分達で記者会見を行いました。内容は別として、感じたのはメディアの対応の変化。黒が白に変わったかのような論調の変化に相変わらず辟易しちゃいました。ちょい前までは当該タレントを税務申告してるのかや、事務所を通さないからこうなったんだとか叩いていたのに、新しい悪?を見つけたら、今度は吉本興業の社長を叩き始める。これって、誰も幸せにならんやんと思うのはワタクシだけでしょうか?事務所を通さない営業の有無は芸能界で昔からあるもので、不安定な職業の芸能人ということも踏まえても、しゃーないなと思うんですね。たしかに反社会勢力からの報酬はうけとるべきではないですが。
今回の問題は吉本興業のガバナンス能力が試されるのかなと感じますね。トップが真摯に取り組めばすぐにいい方向に向かうと思いますし、それを願ってやみません。何より一番難しい笑顔を想像することをミッションにしている企業ですので、頑張って欲しいですね。岡本社長は事態を早く終息して、山崎邦正とビンタしばき合い対決をしてほしいと思うアツシでした。
そんじゃ、今日も一日、ご安全に!!

 

LINEで送る