連載 わんにゃんHAGI 第18回

【猫ちゃんのフィラリア予防、していますか?】

犬ではよく知られているフィラリア症ですが、実は猫もフィラリア症にかかることがあります。蚊がフィラリアに感染した犬の血を吸うと、フィラリアの幼虫が蚊の体内に入り、その蚊が猫の血を吸うことで感染します。主な症状は、咳、嘔吐、呼吸困難、体重減少など様々ですが、他の病気と区別しにくいため診断が難しく、見逃されてしまうことも…。
また、感染した猫の約4割が室内飼育だったことも分かっていて、室内だから感染しないとは言い切れません。室内で完全に蚊に刺されないようにするのは難しいので、蚊に注入されたフィラリアの幼虫を確実に殺して、フィラリア症を起こさないように予防することが大切です。予防は動物病院で処方された薬を毎月投与するだけです。
猫のフィラリア症は、飼い主さんがきちんと予防すれば防げる病気です。「室内だから」「うちの子は大丈夫」と思わず、しっかり予防しましょう!(杉山)

LINEで送る