#いつもココロにスマイルを。展 Presented by ケンボー不動産

北浦うぇぶ第294号の特集で紹介させていただきましたIターンで株式会社KENBOを設立した平井健一さんが手掛ける『#いつもココロにスマイルを。展』が10月24日(土)から3日間にわたり開催されます。出展される作家さんは腕に覚えがある4人です。

〇こうだかずひろ(帆布バッグ職人)
10年間のショップ店員を経て、独学で鞄づくりを学び、帆布バックブランドko’da-styleを御用邸がある神奈川県葉山で立ち上げる。自ら一人でバッグのデザインから、製作、出荷までを行っているため、注文してから数カ月待たないと手元に届かない。性別や年代を問わず全国的にも根強いファンが多い。

〇金子 愛(萩焼職人)
高校を卒業すると同時に陶芸家の道に入り、窯元「城山窯」の作家として、萩焼のもつ土味のぬくもりを生かしながら、デザイン性のある器や花器、ランプシェードなどの作品を作られています。県内や都内での展示会にも定期的に参加されています。

〇原口 洋子(焙煎士)
山口市中市に構える自家焙煎コーヒー店「原口珈琲」。現在はご主人が店主を務めるお店で焙煎を担当する。1998年から、東京南青山にあった「大坊珈琲」で7年間修行し、後にフランスのマルシェで自家焙煎コーヒー店をオープン。帰国後に地元山口県で原口珈琲をオープンし、今もなお、小型手回しロースターを使用して、少量ずつ焙煎し、深煎りの中の甘さを引き出す珈琲作りを日々追求されています。

〇又賀 伊都子(パティシエール)
周南市鶴見台にある焼き菓子をメインとしたLa Petite Mameの代表でありパティシエール。国産小麦、発酵バター、洗双糖や、やさしい甘味のお砂糖、天然塩、バターや卵を使わないお菓子には美味しい菜種油を使用。できるかぎり無農薬・減農薬有機栽培の材料を使用し、“毎日ちょっと美味しい、ちょっと幸せ”を届けています。

#いつもココロにスマイルを。展
会場 萩市大字西田町22番地 森井家住宅
会期 10月24日(土)~26日(月)
時間 10時~17時

LINEで送る