NEW OPEN!リラクゼーションサロン ほぐし庵 てのひら 代表 兼 セラピスト 柴田英昭さん(36歳)

今年1月。萩市に新しくできたリラクゼーションサロン ほぐし庵 てのひら。代表であり、セラピストの柴田英昭さんにお話しを聞いてきました。

■セラピストを始めるきっかけは?
-高校卒業して、上京し、手に職を付けなければと思うような出来事があり、悩んでいたときに「未経験からできます!」と謳っていた整体院の従業員募集広告を見つけたのがきっかけです。その整体院を運営している会社が京都で整体師育成の学校をも運営していまして、働きながら学べるカリキュラムが用意されていることを知り、これならと思い、今から10年前にこの道に入りました。

■地元萩に帰ってこられて自身のお店を出されるお考えは元々あったのですか?
-はい。萩に戻ってくる前より、うっすらとは考えており、お店出すならこんな名前にしたいとか、お店のレイアウトはこうしたいとか妄想していました。そうして、勤めていた会社での学びを一通り終え、31歳で萩に帰ってきました。

■Uターンされて5年。結構時間が掛かりましたね。
-直ぐお店を出そうとは考えずに帰ってきたら、ちょうど時を同じくして、萩にリラクゼーションのお店がオープンするという話があり、それまでの経験を活かし、昨年まで働かせてもらっていました。

■そうして今年1月に「ほぐし庵 てのひら」をオープンされたわけですが、タイミングにこだわられましたか?
-そうですね。元々、40歳になるまでには自分のお店を持ちたいと思っていたのですが、この年で出店しようと決めたのは、セラピストの道を歩み始めてちょうど10年の節目の年であったこと。そして、平成から令和に時代が変わったということも、新しいことへチャレンジする後押しをしてくれたと思います。また、お店を構える場所という環境や、支えてくださる方々にも恵まれ、トントン拍子に出店することができました。

■お店のコンセプトをお教えください。
-完全個室で、人の目を気にすることなく、ゆっくりとくつろいでもらいながら施術を受けることができます。また、お客様のご要望に合わせた施術内容、施術時間にできること。そして、お体のお悩みなどもお聞きし、癒しだけでなく、不安に感じていることなどを解消できるリラクゼーションサロンです。

■オープンされて2カ月が経ちました。感触はいかがですか?
-まだ「ほぐし庵 てのひら」というリラクゼーションサロンができたということが知れ渡ってないなとは感じていますが、徐々にお越しになられる方も増え、リピートしていただけるお客様もおられますので、感触は良いと思います。

■それは良いですね!益々のご活躍期待しています!

リラクゼーションサロン ほぐし庵 てのひら
萩市川島2-1
営業時間 9時~20時(不定休)
☎ 0838-22-5533
※ご予約はお電話のみ

LINEで送る