特集 北浦の育成年代サッカーシーンが熱い!! 頑張る北浦のサッカー少年たち!

その① 萩高サッカー愛好会、全国高等学校サッカー選手権大会山口予選初出場!

「うつむくなよ、振り向くなよー♪」の大会歌で馴染みの全国高等学校サッカー選手権大会(以下選手権)。毎年年末から年始にかけ首都圏にて開催される高等学校サッカーの頂点を競う大会です。そして、その山口県予選が今月24日(土)より開催されます。少子化が進み、全国的にも出場チームが徐々に減少している昨今、今年の山口県予選組合せには今まで名を連ねることのなかった萩高校の名前が掲載され、「萩高校にサッカー部ができたのか?」という話題が山口県サッカー界隈に飛び交いました。しかしながら、萩高校にはまだサッカー部は設立されておらず、昨年から本格的に活動している萩高サッカー愛好会が萩高校として出場します。

萩高サッカー愛好会発足の経緯はというと、3年前、一人の生徒の「萩高にサッカー部を作りたい!」という想いからスタートし、生徒総会の議案に上程されるも、あえなく否決。その後、数名の仲間とその保護者や地域の有志とで署名を集め、学校に提出。当時の学校側の回答として、「部活を縮小、廃止する方向にあるご時世に新たな部活を設立するのは極めて難しい。」とされ、サッカー部設立まで愛好会として仲間を集め、活動を続け、先ずは同好会昇格を目指そうとスタートしたのが2019年4月。集った生徒でサンライフ萩などの施設を借りて練習しながら、萩市サッカー協会主催の萩市(社会人)リーグに加盟し、その活動は途切れることなく2020年にも繋げてきました。
転機となったのは、サッカー部を作りたいという動きがある中、高校サッカーのことを知っておかなければと学校側が、山口県高校体育連盟サッカー専門部専門委員長に問い合わせたところから。部活でなくとも、愛好会・同好会であったとしても、サッカー協会への登録と校長の許可があれば学校代表として高体連主催の大会には出場できることが判明し、そのことを愛好会側に伝え、愛好会は2020年度日本サッカー協会に登録。学校長の許可を得、自費でユニフォームを新調し、公式戦出場へと準備を進めてきたところに新型コロナ…。数少ない公式戦にも関わらず、中国大会予選、インターハイ予選が中止となり、念願の高校生同士の公式大会出場は先送りとなっていましたが、9月に入りシーズン最後の選手権は開催することが決定し、晴れて初の公式戦出場が決まったとのこと。
萩高校サッカー愛好会、初の高校サッカー選手権大会は10月25日(日)高川学園第1グランドにて、全国にも名前を轟かす強豪校高川学園と大島商船の勝者と戦います。
「先輩やその親御さん、そして萩市内の高校進学を応援する会などの地域の皆さんのお力で、高校サッカーの公式戦を戦えること、とても嬉しく思い、ただただ感謝するばかりです。たぶん初戦は優勝候補である高川学園になると思います。大敗が待っているかもしれませんが、公式戦のピッチに立てる喜びを感じ、そして感謝し、今の萩高サッカー愛好会の全ての力をぶつけたいと思います。」とキャプテンの上田悠之介くん。歴史的1戦に注目が集まります。

その② 高まる北浦のジュニアユース(中学生)サッカーのレベル!
レストライザック北浦FC 日本クラブユースサッカー選手権U15中国大会初出場!!
長門FC 中国クラブユース選手権初出場!!

2014年に北浦初のジュニアユースサッカークラブとして、北浦地区のサッカー土壌の向上とサッカーを通じての人材育成を目的に設立されたレストライザック北浦FC(現在山口県リーグ1部所属。以下、レスト)と、長門にサッカーの一貫育成の場をと、2010年に設立された長門FC(現在山口県リーグ2部所属)が2020日本クラブユースサッカー選手権山口県予選に出場し、レストは予選3位の成績で、初の中国予選出場を決め、長門FCは予選7位で初の中国クラブユース選手権の出場を決めました。過去多くのJリーガーを大会出場チームから輩出している日本クラブユース選手権は、高円宮杯と並び、中学生、高校生各カテゴリー共に、その年の日本一のチームを決める大会となっています。それゆえ、県予選でも全国区の強豪高校サッカー部はもちろん県内外の高校サッカー部からスカウトが来られるなど注目の大会であり、その大会で北浦の2チームが好成績を残すのは史上初。今年は、U18(高校世代)は通常通り行われますが、U15部門の全国大会は新型コロナの影響で中止。中国予選を中国地方のチャンピオンを決める中国大会とし、11月7日から1ヶ月間開催されます。レノファ山口U15、サンフレッチェ広島U15、ファジアーノ岡山U15など中国地方にあるJリーグクラブの下部組織をはじめ、中国地方の強豪クラブとノックアウトのトーナメント式で競われます。また、中国予選(大会)の出場を逃したチームの成績上位チームが集まり、開催される中国クラブユース選手権(例年各県3.4チーム出場)は、12月5日、6日で開催されます。両チームの活躍と共に、北浦の少年サッカーシーンの更なるレベルアップに期待が高まります。

 

LINEで送る