(一社)萩青年会議所 萩の星空コンテスト 開催

人材育成を基に地域問題解決と地域活性化に寄与することを目的に活動する(一社)萩青年会議所の2019年第3弾となる対外事業「萩の星空コンテスト」を開催されます。

昨年2018年に、沖縄県八重山諸島に位置する西表石垣国立公園が、日本初の星空保護区に認定されました。アジアでは2番目、世界では59番目のダークスカイ・パークとなります。星空保護区とは、光害(ひかりがい)のない暗く美しい夜空を保護するためにつくられた国際的な認定制度です。この認定制度は、ただ美しい夜空を保護するということだけが目的ではなく、光害が引き起こす問題の解決を目的とし、例えば明るすぎる照明環境がもたらす、エネルギーの浪費、生態系への影響、人体の健康への影響、交通の安全性の低下という問題に地球人として、目を向けて欲しいというところがあります。
その趣意、目的に賛同する2019年萩青年会議所が、次世代を担う若者に生まれ住む故郷の美しい夜空の存在に気付いてもらいたい、光害の問題に関心を抱いてもらう機会をと開催するのが「萩の星空コンテスト」です。対象は萩市内の小学生4~6年生となっており、ご家族でおススメ星空スポットを探し、その場所を申し込み書に記入し申し込み、その後、萩青年会議所会員による実地調査を行い、申込みをしてくれた小学生を交えて「萩の星空マップ」を作成するといった流れとのこと。青少年育成と社会開発がセットとなった事業です。この活動の先に、萩市が日本で2番目の星空保護区となれば、新たな観光コンテンツとなることでしょう。

(一社)萩青年会議所2019年度理事長 烏田栄二さん

「この事業を通じて、小学生とそのご家族とともに地域資源の再考ができればと思います。また、子どもたちには、身の周りの当たり前の景色の中に価値を見出し、大切にしてほしい、そんな対象が萩には実はたくさんあるということを実感してほしいですし、星や宇宙にも関心をもってほしいです。」

萩の星空コンテスト
参加対象者 萩市内の小学4~6年生
参加申込方法 1学期に学校で配布された申込チラシに記入し、登校日に担任の先生に提出。登校日欠席の場合はFAXもしくはチラシの写真を添付したメールで申込受付。
申込期限 8月登校日
申込FAX番号 0838-22-1108 申込メールアドレス info@hagijc.jp

LINEで送る