北浦リレーションシップ5回目 髙井一さん

北浦リレーションシップ5人目は前回の中原宏和さんからのご紹介で、岐阜県よりIターンで阿武町に来られた夢現空間の髙井一(たかいはじめ)さん(56歳)です。 (発行日2012年1月19日)

髙井さん

Q1、趣味は何ですか?
-カヤック、パドルスポーツ、フライフィッシングなど、主に海で行うものです。

Q2、夢は何でしょうか?
-家族が日々生活を幸せに続けられることです。

Q3、幸せだなと思うときはどんなときですか?
-子どもと一緒に何かをしているときです。

Q4、観光客にお奨めしたい場所はどこですか?
-本質的な美しさを持つこの南日本海の海です。

Q5、よく行くお店はどこですか?
-あまり出向くことはないのですが、強いて言えばアイリッシュバーsam’sさんとカレー大好きオニオン座さんです。

Q6、この北浦で一番美味しいと思うものは何ですか?
道の駅つつじ で、土曜日の朝に出る金太郎の干物です。

Q7、あなたが住むこの街の好きなところは何ですか?
-萩も阿武町も街並みが良いところです。特に明木の赤い屋根瓦が連なる景観は良いですね。

Q8、では、この街の問題点は何だと思いますか?
-外の人からすれば色々できるのにと思うことが多いのですが、地域に住んでる人たちが地域の良さを感じておらず地域の活性にブレーキをかけているところです。地域が持つ財産を使い切れていないことを残念に思います。

Q9、その改善策をどのようにお考えですか?
-小さなことでも結果を残していくしかないと思います。次の世代が地域で楽しめる何かを残したいです。

Q10、この人は凄いと思う北浦に住む知人、友人を紹介してください。
-住吉神社宮司の中津江瑞穂さんです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です